あなたの首は大丈夫?スマホ・デスクワークでしわを作らない方法

見た目年齢、プラス10歳の「首のしわ」

最近、電車に乗ってスマホを使っている女性を目にすると、とても目が行ってしまう部位があります。それはズバリ「首」です。着ているファッションからしたら、まだ20代前後といったような女性の首にも、年季の入ったような太いしわがくっきりと…。皆さん傾向はほぼ一緒で、スマホを使う手以外はほとんど動いていません。もくもくと目で画面を追うだけなので、自然に姿勢が悪くなってきて、前のめりになっています。オフィスでもパソコンの操作、通勤時間にはスマホと、常に画面を目で追っている姿勢を長時間取っているうちに深いしわが刻まれているのです。

こんなタイプの人は首のしわができやすい!

スマホやパソコンの操作は、女性を老けさせると感じざるを得ません。アンチエイジングは30歳からでいいわと呑気に構えていたら、20代でも30代に見られてしまうかもしれません。パソコン・スマホの操作は、人を無表情にさせます。特に普段から会話の少ない人、声を出して笑う事の少ない人は、顔の表情筋が衰えていますので、たるみが生じやすいのです。そのたるみが、だんだん下垂してくると、首に深いしわを作ります。20代でほうれい線がうっすらでも見えている人は、首の深いしわができる兆候です。

大事なのは「もうこれ以上作らない」こと

首のしわは、残念ながら一度できてしまうと、消すことは難しいのです。大事なのはこれからもう作らない生活をすることです。それにはできるだけ姿勢をよくすることが重要です。パソコン・スマホを見ている時、猫背になってきてしまう人は、背筋を鍛えて姿勢をよくする努力をしましょう。また乾燥や日焼けにも要注意。首はついつい無防備になって、日に晒されやすい部分です。しっかりと紫外線対策して、必要に応じて首にスカーフを巻くなどして乾燥から守りましょう。

しわの解決法を学ぶために、同世代の女性のスキンケアの方法を教えてもらったり、実績のある美容外科の治療法のメリットを理解したりすることが重要です。